いつ来ても無味無臭


たまに仕事で東京に行くのですが、歩いていて感じることがあります。

特に台場周辺の街並みを歩いていると感じるのが、全て人工的に造られた街なので、味気もなく匂いもない無味無臭で真っ白というか透明なイメージ。

透明な空間を歩いている感覚は、時間が止まっている感覚にもなります。

ですので、この周辺に来ると”ふわっ”とした感じになり、仕事モードが徐々に薄らいでいきます(笑)

むしろ仕事をする街なのに...

山が好きでよく登るのですが、そちらは独特の色や匂いがそれぞれにあります。

山の心地よい空間は晴れた日も雨の日でも気持ちよく歩けます。

ですが、人工的な街が嫌いかというと、そうでもないんです。

山の方が好きですが、あの無味無臭な感じも嫌いではないんです。

真逆なんですがね。

人工的な街は意外と爽やかに感じるんですよね。

人間の感覚って不思議です。(僕だけ..?)

1点だけ違うところは、山は人が誰もいなくても長く居られますが、人工的な街は人が誰もいないと怖くて長くは居られないです。

人がいることが前提で無味無臭な街も好きなんだと思います。

そんなことを感じた先週の東京でした。


11回の閲覧

愛知県みよし市黒笹町清水1174

Tel: 0561-65-3558

(open​ 平日10:00-17:00)

​info@hibikiai.net

  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeの

© 2017 HIBIKIAI PROJECT All Rights Reserved.